プロフィール


中野吉之丞(なかのきちのじょう)

 

はじめまして。京都の美山で相方と二人でパン屋と農業をしています。

バブル世代ですけど、色々あって今は緩い自給的な感じで生きてます☆

更新は少ないかもですが良かったら ブログ も見て下さいね。 

 

どうやったら平和に幸せに生きられるかって

いつも考えてきました。

心がしんどかったからかな。

 

学生の頃は野球。

サラリーマンの頃は営業。

(車、広告代理店、訪問販売、建築リフォームetc

競争、競争、競争で心がすり減りました。

 

競争、競争のサラリーマンが辛くて20代後半で自営業に。

サラリーマンの時も自営業を始めた頃も

成功したら幸せになれると思って頑張ったけど、、、

 

成績良い時でもしんどかった。

自営業で稼げた頃でも、やっぱりしんどかった。

お金を稼ぐために、エネルギーの大半を消耗してた感じ。

 

調子が良い時は1000万前後の年収が数年続いたけど

キレイに無くなってしまうという。

調子が悪くなって収入が落ちたら・・・もう止まらない。

 

建築自営業の最後の年の年収は300万円くらい。

でもその年に出来た借金は1年で500万円くらいになりました。

銀行は勿論、高利の金融会社からも借りていました。

 

今なら300万円あれば3年は〝豊かに”暮らす自信あります☆

 

でもその時は1年で800万円くらい使っていた計算になります。

今でもその頃のお金は何に消えて行ったのかよくわかりません。

  

何か知らんけどなくなってまう

 

関西弁で言うとそんな感じでした。

楽観的なバブル世代の甘さです。

 

 

離婚も経て40歳で、ここ美山に。

相方と二人でパン屋を始める。

翌年から米と野菜もつくり始める。

 

初めて野菜やお米を収穫した時の感動は凄かった☆

自然の恵みが一杯で美味しいのはもちろんやけど、

自然の恵みから凄い安心感を受けとった感じ☆

 

田舎に拠点を移して

稼ぎは減ったけど、農業を通して

凄く豊かな気持ちが沸いて来た。

 

そんなに必死に稼がなくても

自分でつくったら良いんやん(^^

(しかも、その方が美味しいし)

 

若い頃に比べたら相当、自由に平和に生きてるけど

それでも今も考えてる

 

どうやったら平和に幸せに生きられるかって

 長くなるので、つづきは吉之丞のベクトル

 

 

 

◀高所恐怖症なので、へっぴり腰での手作り小屋作業

 

近所の元大工さんのおっちゃんに教えてもらいながら

梁や柱の墨付け、刻みから始まり、上棟後は屋根の仕上げから、壁や扉までユーチューブも見ながら、相方と二人だけで仕上げた、めちゃくちゃ思い出深いDIY。

 

おっちゃん

ありがとうございました!

 

◀この写真の左下の建物がDIY倉庫

 

この写真はお店の斜め上にある八幡神社から見た

風景です。稲刈りがまだの手前から6枚の田んぼは

吉之丞米がつくられている無農薬の田んぼです☆

 

◀吉之丞の川向いにある桃源郷みたいな

吉之丞米がつくられている無農薬の田んぼ

 

イノシシも一杯いるとこやけど

何とか収穫まで出来た稲刈りの写真。

電線もなくて、一日いても人の姿を見ないことも

自然のパワー満載です!